スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

7月5日。

七帆さんは宝塚を卒業しました。

たった2日前のことなのに、
涙と寂しさと、感動と幸せの沢山詰まった、愛おしくてたまらなかったあの時間が
ずーっと昔のことのような気がします。。


今回の七帆さんの退団公演。
私はちょうど5、6月から勉強が忙しくなり始めて正直たくさん観れたわけじゃないけど、
できる限りの時間を作って観劇することができたし
きちんと最後を見送ることができて、全く悔いはありません!

ただやっぱり、楽の近くはすっごく悲しくてどうしようもなかった・・・
観れなかった状況にあったことは分かってても
何でもっと観ておかなかったんだろうとか、入り出待ちしなかったんだろうとか
思いつめちゃって苦しかった。

楽の公演、サヨナラショーでもずっと涙が止まらなくて
ボロボロ泣き続けながら最後のご挨拶まで観たけど
そうして思いっきり泣いたら
不思議と最後は、袴を着て綺麗なお花を手にして宝塚を去っていく七帆さんの姿を
笑顔で穏やかな気持ちで見送ることができました

最後の最後は、輝く七帆さんと同じ笑顔で男役・七帆ひかるさんを見送りたい

私がずっと思ってたこの願いをちゃんと達成できたことが嬉しいです


2日経った今も、目を閉じると
ショーや、サヨナラショーでの一場面一場面の七帆さんの表情、
涙をこらえながら力強く最後のご挨拶をしていた七帆さんの顔が鮮やかに蘇ってくるから、
やっぱり何だかまだ実感がわきません。

サヨナラパレードが終わってすっかり暗くなった劇場前に行ってみたときも
少し前まで退団者を見送りに大勢の人々が集まって
あたたかい気持ちに包まれていたあの空間とはまるで違う場所のようで、
7月5日のすべての出来事は夢だったような不思議な気持ちになりました。

でも、私のこころの中には確かにあの日の幸せがしっかり残っています。

これから七帆さんの姿を思い出したりビデオで見たりしたら
きっと胸が締め付けられたり、涙がでたりするかもしれないけど
それと同時にあの日の幸せな気持ちを思い出すんだと思います。


沢山の思い出を残してくれた人

いつも私を元気づけてくれた人

沢山の感動を与えてくれた人

こんなに私を熱い気持ちにさせてくれた人

あたたかい愛と幸せをいっぱいくれた人

七帆ひかるさん。

今まで本当にありがとうございました

これからのあなたの新たな人生が、幸あふれ光り輝き満ちるものとなりますように。

心から、ご卒業おめでとうございました。

2009.7.7




そして、今まで私のブログ、「Fiesta.・.*」に訪れてくださった皆様へ。

七帆さんの退団を契機に、私もブログをストップしようと思います。

これからゆーひさんがトップになるけど、
私がこのブログを始めたのはもともと
七帆さんのカッコよさ、素晴らしさを語りたい!
同じ想いを持つ方々と語り合いたい!
そんな気持ちがきっかけでした。

だからやっぱり、七帆さんが宝塚を去った今
このブログもストップする方がいいと思ったわけです。

また一応受験生なので、勉強に集中しようと思ったのも理由の一つです。
七帆さんの退団公演の間もほとんど更新できなかったし
これからはしっかり勉強して、私も自分の夢を叶えます!
大好きな七帆さんに誓って!!


ブログを通じて、楽しかったことや嬉しかったこと、素敵な出会いが沢山ありました。
1年ちょっとの短い間だったけど
ブログを始めて本当によかった

今日は7月7日。
この七の日を、私自身の新たな出発の記念日にして
お別れしたいと思います♪

それでは
今まで私の拙いブログを読んでくださった方々
あたたかいコメントを下さった方々
この場を通して出会えた全ての方々
本当にありがとうございましたっ
スポンサーサイト

このまま時が止まればいいのに

また随分と長い間ブログを放置してしまいました・・
気がつけばもう宙組千秋楽の一日前。

東京の一ヶ月間は本当に短かったなぁー

私は試験が終わるまで、初日一回とお茶会しか行けなくて
試験が終わった先週今週でできる限り観ました。

でも昨日、ヘミルの音楽で群舞を踊る七帆さんを観てたら
「もっとたくさん観ておけばよかった・・・あと50回くらい観たかった・・・」
って何だか異様に寂しさに押しつぶされて
すっごい胸が苦しくなっちゃったんですよね。。

だって最近の七帆さん本当に良い顔してるんだもん。
今回の公演での表情は前からすごく穏やかだなって思ってたけど
最近特に表情が素敵すぎて優しすぎて、涙が自然と溢れてしまう。

退団者の輝きって本当にあるんだなぁ。
それが退団間近になってより輝きオーラを増したから
眩しすぎて、胸が苦しくなっちゃったのかな。
でも同時に
七帆さん、今すっごく幸せなんだなって感じて嬉しくてまた涙が止まらないんです。


そして今日は前楽を観てきました。
観ないはずだったけど、色々な犠牲を払って
七帆さんの残りわずかな舞台姿を見届けることを選択しました。

行って良かったです

まじめでかわいいクリストフさん。
淡いピンクで若さスパークリングな七帆さん。
フロリダでカラフルでバンダナで帽子で最高にカッコいい七帆さん。
穏やかな微笑みをたたえ白燕尾が長身にお似合いな七帆さん。
何ともいえない素敵な表情で手話をする七帆さん。
すがすがしく気持ちよさそうに気持ちをこめて踊る夢アモールの七帆さん。
そして黒燕尾で、最後の男役群舞を踊る七帆さん。

みんな大好きです。みんな大好きだなって改めて実感した今日の公演。

続くサヨナラショーの前には、
すっしーさんが退団者に「あと1日で千秋楽だけど、その意気込みをどうぞ」
というインタビューをしたそうで、各退団者からのメッセージを伝えてくれました。

七帆さんは
「あと一日よろしくお願いします」
みたいな感じで、さらっとしてるところが七帆さんらしいなって思ってたら続きがあって

「みなさまが大好きです。」

・・・ただでさえショーを見てぼろぼろだったのに、それ聞いたら涙が止まりませんでした

サヨナラショーでは七帆さんが同期で顔見合わせるたび、
組子と顔を見合わせるたびに浮かべる、かわいい笑顔が大好き。

『舞台』は
最初の~好きだから~から声がちょっとかすれてて、目が潤んでた気がする。
私自身も涙でぼやけてあんまりよく見えなかったけど・・
大きな空っぽの舞台で一人歌う七帆さんを観てると、
真ん中がきっと似合う人だったなって思ったり。。

久しぶりに観たサヨナラショーは本当に泣けました。
前に見た時と明らかに違うところは、もう後がないこと。

サヨナラショーが終わった後のタニさんのご挨拶の一節。

「皆様と過ごした1ヶ月間、宙組の皆と過ごした1ヶ月間、本当に幸せでした。」

私もタニさんの宙組、七帆さんと過ごした日々は本当に暖かく幸せな時間でした。

あしたが終わればそのタニウメが、まちゃみが、七帆さんが観れなくなる・・・
夜にブログなんか書いてるとそんなことばかり思っちゃって
信じられない気持ちと耐えられない気持ちでいっぱいになっちゃって
こうして言葉につづってしまうのが申し訳ないんですけど。。。

とにかく明日が、私の大好きな今の宙組、七帆さんにとって最高な日になりますように
最後の最後までずっとひそかにあなたを観続けて、応援して
本当の最後には、輝くあなたと同じ笑顔で、
新しい道へと旅立つあなたを見送りたいと思います。

それでは明日
覚悟して、観てきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。